iPhoneケース「Temdan iPhone7, 8 Plus ケース」レビュー

タイトル通りiPhoneケースのレビューです。
昔からLunatikシリーズのファンだったのですが、最近はあまり活動というか開発等もされていないようで、何かとケース探しには苦労しています。

最近のiPhoneは防水対応ではあるものの、バイクへのマウントやキャンプ等含め、多少なりともアウトドアシーンで使う予定がある場合、備えとして防護はしたくなるのが人情。
機種変更で下取り希望の場合、大きな傷や汚れがあると減額されたりしてしまいますしね。

Amazonでは多数のケースが販売されていますが、保護のレベルが今ひとつ分かりにくく、自分も、全体を覆うジャケットタイプだと思って買ってみたら、ただの外周を覆うダンバーだったという失敗をやらかしたりしました。

そこで、購入後3ヶ月ほど経ちますが、そこそこ満足いくケースに出あえたのでご紹介。
Amazonへのリンクは以下になります。購入時、¥2,380。



Iphone 7 / 8向けのサイズ展開もあるようです。
投稿時点では、8円ほど高い謎。



ざっとこのケースの好感できるポイントを挙げてみると、以下です。
・リンク先画像にある通り、ディスプレイ面を含めた全体を覆っていること。
・ある程度の衝撃に耐えることができる構造。特に四隅。
・ケース装着状態で各種操作に問題が無いこと。
・ストラップホールがあること。
・一定以上の防水性があること。
・海や川などでのレジャー用に、浮き付きストラップが付属(自分には不要でしたが…)
・ケースをつけたまま、カメラの動作に問題が無い。
・装着することによる、ディスプレイが見えにくくなったりする事が無い。
・ディスプレイを覆うフロントケース部と、背面を覆うジャケット部分の取り付けが強固で安心感がある。
・キックスタンド(机等に置く際に便利なスタンド)付属。※自分は使用していませんが、人によっては便利だと思うので記載。


また、このケースのイマイチな点を上げると、以下です。
・完全に覆ってしまう為、電話をする際のマイクの感度が悪くなり、相手への声の通りが悪くなる。
・付属以外のストラップを使うと、ディスプレイ側のケース表面が荒れる(加工が剥離してしまう)可能性がある。
・充電ポート周りはゴムのキャップがある為、充電時に一手間掛かる(Qi対応かは自分が対応充電デバイスを持っていないので不明)
・ディスプレイを覆うフロントケース部と、背面を覆うジャケット部分の取り付けが強固な為、再度のつけ外しにやや難儀する。
・可能性として、構造上、夏場のiPhone本体の温度上昇がしやすくなる。


各イマイチな点に関して、個人的な感想も交えつつですが、以下になります。
・通話時の音声問題
自分の使用パターンでは通話使用することがあまり無く、また、その際にはマイク付きイヤフォン等をつかっている為、さほど不便も感じていません。
とは言え、それが面倒であったり、通常使用で音声通話を頻繁に使う人は大きなデメリットになりかねないと思います。

・ディスプレイ表面側ケースパネルが荒れてしまう可能性
実際に起こっては嫌なので試していませんが、過去、同種のケースでそのような事が起きた為、記載してみました。
硬い素材のものや、金属製カラビナ等では傷がついてしまいそうな印象です。

・充電関連
これまでもこのタイプのキャップがあるケースをつかっていた為、慣れの問題で気になっていないだけというのがあります。
しかし、人によっては煩わしく感じるかもしれません。Qiでの充電ができるとベストですね。

・メリット・デメリットとして併記した、ケースの取り付けについて
ケースの表裏の結合は防水性を謳っているだけあって、ガッチリです。
安心感はありますが、一度取り付けた後、大きなホコリをディスプレイ側に発見してしまい、一旦フロントを外して掃除した際、付け外しには結構難儀しました…w

・温度関連
夏場、バイクのマウントにつけてナビ等で使用していると、直射日光もあるので当然ではありますが、端末が高温になりすぎてしまい、iPhoneが自動でシャットダウン → 使えなくなるケースが多いのが実情。
とはいえ、カバンやポケットに入れている程度であれば問題はないと思います。こればかりはケースの構造上、どうしようもないですね。


そんなこんなで、3ヶ月ほど実使用して悪くない印象だったので、記事にしてみました。
値段を考えれば、個人的にはオススメのできるケースかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。